名護高校サッカー部

新人大会までを振り返って 2年生

津波古爽也

今回の新人戦までに取り組んだ事は、クロスの精度を上げる事です。そのために、仲間に協力してもらい、いろいろな種類のクロスを使い分ける練習をしました。しかし、今回の大会ではメンバーには入れずとても悔しい思いをしました。インハイでは自分の課題であるトラップの精度を上げてメンバーに入れるようにがんばります。

徳村瑛丸

新人大会を振り返って、個人の課題は、チャンスを決めきれなかったり、1対1での守備が弱かったりと、決定力をあげることや、守備の技術をあげることが課題でした。
チームとしては、基本である止める蹴るの部分ができていないことと、ビルドアップでの攻撃から守備、守備から攻撃への切り替えのリスク管理ができていなかったことが課題でした。
インターハイまでに新人で出た課題を練習で改善していきたいです。