名護高校サッカー部

新人大会までを振り返って 2年生

比嘉雅己

中北部大会を終えて課題として残った選手層の薄さを改善する為に練習から見て考えることを意識してプレーしていたんですけど、サッカー以外の部分で集中出来ていないところがプレーに繋がって思うようにプレー出来ませんでした。改善していくためにこれからは日常生活の面も大切にしながら常に考えることをやめずインターハイで試合に出れるように練習に取り組んでいきたいです。

廣瀬敬矢

自分が新人戦に向けて取り組んできたことは
中北で試合に出た時に感じたAチームとの技術の差を埋めることと、その試合で中途半端なプレーが多かったのでそれを無くすことを取り組みました。しかし、新人のメンバーには入れなかったので、その課題を解決するためにもっと意識してトレーニングに臨み、総体でメンバーに入れるように頑張ります。

名前をタップすると動画が流れます。